注意事項
管理人の判断により、不適切と思われるコメントは削除する場合がございますのでご了承ください。(2009/5/2)
 
スラムダンクファン向けのコミュニティ「SLAM DUNK」を運営しておりますので、スラダンファンは要チェックや!
加南冬真’sプロフィール
注:長いです。(2012.5.5更新)

加南冬真

Author:加南冬真
「カナントウマ」と読みます。
カロナンではありません。
SLAM DUNKの藤真が好きすぎてHNを「藤真」に変えて「トウマ」と読ませようとしましたがやめました。

年齢・性別:20代女性
実年齢を言うと老けちゃうらしいので秘密
小学生が書いたような文章ですがこれでも社会人

血液型:B型
赤ちゃんの頃と血液型が変わる場合があると聞き、もしや私もと淡い期待を抱いたが、健康診断でB型で間違いないと判断されました。
やっぱりね。

星座:センチメンタリズムを感じられずにはいられないわけではない双子座

好きな漫画:SLAM DUNK、ジョジョの奇妙な冒険、今日から俺は!!、テニスの王子様、聖☆おにいさん、南国少年パプワくん(PAPUWA)、鋼の錬金術師、おおきく振りかぶって、など
おすすめの漫画があれば教えてください☆

管理人の特徴:若干空回っている、昼寝をすると高確率で金縛りに遭う、拍手やコメしていただけるとパソコンの前で小躍りする
らしいです。

お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
肌寒い秋の日①
またしてもしょうーもない小説を書きました。
かっこいい牧さんを表現したいがために、ここ何週間頭をひねらせてます。
牧だからしょうがないですね。
試合開始時間を知ってるくせに試合はまだかとイライラしながら監督に聞く天然さんですからしょうがない。

今までさんざんスラダンキャラをいじってきましたが、なるべく井上先生が作られているスラダンの世界観を崩したくないなと思っています。
トップランナーとプロフェッショナルを見直したり、バガボンドを読んだりしていると、井上先生の世界観のすごさがひしひしと伝わってきて、私がそれを壊してはいけないと思うようになりました。
私の作る文には同性愛が少し含まれますが、スラダンを私なりに理解した上での表現です。
男キャラ同士を引っ付けようとするなんて嫌だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
気分を害された方につきましてはお詫びを申し上げます。

冗談はここからや(新喜劇風)
牧藤に近い牧と藤真の甘め小説ですが、OKな方は追記からどうぞ。


肌寒い秋の日①

一年前の今頃、俺はどういう心持ちで挑んだのだろうか。
全国大会の初戦前夜はどのように過ごしていたのだろうか。
藤真はぎこちなく寝返りをうつ。
何度も目を瞑り、何度も姿勢を変えてみたが、もう2時になるというのに眠れない。
小高い山にある宿泊所の客室は昼でも肌寒かったが、夜になると一段と寒さが強まり、藤真は布団を頭まで被った。
(…いつもの俺じゃない)
今日は何回もそう思った。

藤真たち神奈川代表メンバーは昼前に国体の開催地である山形へ到着した。
宿泊所へは寄らず、荷物をバスへ残したまま会場へと足を運んだ。
色とりどりのユニフォームが吸い込まれるように体育館に集まり、藤真たちもその流れに乗っかる。
神奈川代表のキャプテンの牧が監督らと共に先頭に立ち、副キャプテンの藤真は一番後ろを歩いた。
出入口に差し掛かるとき、前を見渡してから後ろに体を向け、全員いるか、はぐれた者がいないか確認した。
すると、仙道が2mほど後ろのところで誰かと話しているのを見つけた。
頭一つ出ている仙道の横顔はちらりと見えたが、相手の顔は人混みに紛れて認識できない。
「おい、仙道!行くぞ」
「待ってくださいよ、藤真さん」
藤真が声をかけると、仙道は無駄に良い笑顔で駆け寄ってきた。
飄々というかのらりくらりというか、マイペースで掴み所のない仙道に対し、藤真はあからさまに顔を歪めた。
「他所に来て迷子になるなよ」
と言い放ちながら仙道の脇腹を肘でトンと突いた。
いや、ドスンに近い。
仙道は笑いながらも、涙目になって手加減してくださいと脇腹を擦る。
「すみません。諸星さんがいたもんでつい」
「諸星?」
懐かしい名前にぴくりと反応し、再び振り返った。
が、その姿は雑踏の中にもまれてか見当たらなかった。
「そっか、諸星がいたのか…」
「会いたかったですか?」
「…いや、時間ないし。早く行くぞ」
他のメンバーがすでに受付の前で並んでいるのを見つけ、仙道を引き連れて駆け足で受付へ向かった。
一歩目で出入口のドアを通り抜けた瞬間、急に走り出したせいか胸がとくりと鳴った。
受付までの約10mを走り、メンバーと合流したところで、心臓辺りのTシャツを左手でくしゃりと掴んだ。
いつもより心拍数が速く、息が上がってる気がする。
ここまでの移動の時間が長かったせいで、疲労が溜まっているのかもしれない。
試合に影響しなければいいが…と少し不安になった。
表情に出てしまったのか、仙道が「藤真さん?」と尋ねてきた。
「ん?いや、なんでもない」
藤真は腰に手を当て、ふうと息を吐いた。
気のせいだ、そうに違いない。

格式張った開会式は滞りなく進んだ。
体育館のコート一面にブロック代表チームが所狭しと並び、これからの始まる凌ぎを削る戦いを感じさせられる。
図体のでかいやつらが詰め込まれた体育館は蒸し暑い。
去年もこんなに暑かったかなと、藤真はぼうっとする頭を動かした。
(どうだったっけ…)
脳の働きがストップしていたため、開催地すらも思い出せなかった。

開会式も終わり、藤真たちはバスに乗って宿泊先へ向かった。
長時間バスに揺られるのが苦手な藤真は窓の外を眺めていた。
街中を抜けると、緑色の山をバックに、黄金色の稲穂が目の前に広がる。
どこか懐かしいような風景に自然と心が落ち着く。
吸い込まれるような感じを覚え、バスの揺れに身を委ねるように目を閉じる。
しかし、前から桜木や清田らの声が聞こえ、思わず目を開けた。
二人がなにやら揉めている。
きっと組んでる足が邪魔だとか、食べていたお菓子を取られたとか、他愛もないことで口喧嘩しているのだろう。
すると牧が清田に一撃を食らわせ、桜木には赤木の跡を継いだ宮城が鉄拳の代わりに横から蹴りを入れている。
国体の合宿中に何度も見た光景に、またかと藤真は頬を緩めた。
「相変わらずだな、あの二人」
藤真は誰かと話している方が気が紛れると思い、隣にいた仙道に声をかけた。
仙道も一連の流れを見ていたようだ。
「そうですね。牧さんも宮城さんもこんなときでもいつもと同じですね」
「いや、俺は桜木と清田のこと言ってたんだ」
「その二人ですか」
仙道はひょいっと頭を動かし、桜木と清田に目をやった。
清田はたんこぶのできた頭を押さえ、桜木は脇腹を抱え、なにやら言い分を述べている。
「騒いで喧嘩して一発かまされて、成長しないよなあいつら。ま、面白いからいいけど」
藤真は頬杖をつき、くすっと笑った。
「あれはあれで緊張してるんですよ」
「あいつらが?そりゃ余計面白い」
「今回はメンバーも多いし、今までスタメンだった人でも必ずスタメンになるわけじゃないでしょ?」
「なるほど、スタメンになれるか心配してるのか」
仙道も見てないようでしっかり見てることに感心した。
しかし、藤真もいつもなら単純な作りの桜木と清田の心情くらい気づいてやれていた。
「冷静に考えたらわかることだな…」
ぼそりと呟くと、仙道は片眉を下げて笑い、「ガムでもいりますか?」と話を反らした。

会場から一時間も経たずに宿泊所に着いた。
到着して早々に荷物を自分の部屋に置き、宿泊所の中にある会議室に集まった。
神奈川代表の第一試合の日は明日。
今日は翌日の試合を考慮して、激しいトレーニングはせず、初戦の相手校のビデオチェックと軽いアップを行った。
そして晩ごはんを食べ、自由行動となった。
明日に備えて休息を取る者や再びビデオチェックをする者、自主練を行う者もいた。
藤真は今日の軽いアップだけでは物足りないと、自主練を行った。
宿泊所には体育館も設置されており、そこでひたすら3Pシュート練習をしていた。
「入らないな…」
調子の悪い左手首をクイッと動かし、ぼそりと独り言を呟いた。
普段通りのシュートを思い出そうにも、記憶に靄がかかっており、なんだかはっきりしない。
靄を払い除けるように闇雲に打ってみたが、やはり投げやりなボールはリングに弾かれて転がった。

神もロングシュートの練習をしていた。
隣にいる神はいつものように寒気がするくらい滑らかな放物線を描くシュートを放っていた。
藤真は、リングに触れることなく、無駄な音を立てずネットに吸い込まれるボールを見送った。
見ている限り、10本中6本は成功しているはずだ。
「調子良さそうだな」
放たれたボールが床に転がるのを見送り、藤真は神に声をかけた。
膝に手をついていた神が姿勢を正し、顔をこちらへ向けた。
「今日は…ですよ」
「ん?」
神は先ほどシュートを決めたボールを拾いに行き、数回バウンドさせた。
そして藤真の方まで戻り、いつもの円な目で瞬きした。
緊張も疲労も感じさせない瞳には、力強さが滲み出ていて、どうも惹き付けられてしまう。
海南のキャプテンはいつの時代も人を引っ張っていく魅力的な何かがあると、牧自身が言っていたのを思い出す。
自分で言うなと笑った記憶があるが、確かに牧にも当てはまるなと藤真も思っていた。
神もまた然り。
「今日はって…何だ?」
「いえ、明日の調子はどうかはわからないってことですよ」
「あー、そういうこと?はは。それはそうだな」
「初めての国体なので楽しみです」
神はまた柔らかく微笑んだ。
少し細くなった目に、長い睫毛が一層似合っている。
そういえば神は緊張しない性格とか言ってたなと記憶を探る。
藤真もそのはずなのだが、今朝から立ち上がりが悪い。
「俺は今日調子まずまずだな。ま、明日はどうかわかんない、よな?」
「そうですよ、藤真さん」
お互いひとしきり笑うと、シュート練習を再開した。
ようやく藤真の放ったボールがリングの中に収まった。

<続きます。>
あまり牧と藤真が絡んでませんね。
仙道と神を書くのは楽しいのですが、あやつらを文字で表現しづらいです。
スポンサーサイト
スラムダンク | 【2010-05-12(Wed) 06:29:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
金曜日に更新してなければ飲み会があったんだと思ってください。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の空回り記事
ブログ内検索
例えば「はわわわ」で検索すると、大量の記事が出てきます。
素敵サイト様
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者の数
Thanks☆10000Hit☆
ブロともになってあげる
常にウェルカムです。 ぽちっと押していただくと喜びます↓

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。