注意事項
管理人の判断により、不適切と思われるコメントは削除する場合がございますのでご了承ください。(2009/5/2)
 
スラムダンクファン向けのコミュニティ「SLAM DUNK」を運営しておりますので、スラダンファンは要チェックや!
加南冬真’sプロフィール
注:長いです。(2012.5.5更新)

加南冬真

Author:加南冬真
「カナントウマ」と読みます。
カロナンではありません。
SLAM DUNKの藤真が好きすぎてHNを「藤真」に変えて「トウマ」と読ませようとしましたがやめました。

年齢・性別:20代女性
実年齢を言うと老けちゃうらしいので秘密
小学生が書いたような文章ですがこれでも社会人

血液型:B型
赤ちゃんの頃と血液型が変わる場合があると聞き、もしや私もと淡い期待を抱いたが、健康診断でB型で間違いないと判断されました。
やっぱりね。

星座:センチメンタリズムを感じられずにはいられないわけではない双子座

好きな漫画:SLAM DUNK、ジョジョの奇妙な冒険、今日から俺は!!、テニスの王子様、聖☆おにいさん、南国少年パプワくん(PAPUWA)、鋼の錬金術師、おおきく振りかぶって、など
おすすめの漫画があれば教えてください☆

管理人の特徴:若干空回っている、昼寝をすると高確率で金縛りに遭う、拍手やコメしていただけるとパソコンの前で小躍りする
らしいです。

お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
相部屋の正しい使い方~最終話~
※コメントの返信は明日させていただきます。

やっと終わります。
今年度と牧+藤真のドタバタギャグ小説。

私自身、見るに絶えない小説にげんなりしていたので、他に素敵な牧と藤真のギャグ小説はないかと「牧 藤真 ギャグ 小説」で検索してみたところ、私のブログが一番にヒットして、嬉しさとこっ恥ずかしさで吹きました。
他にも「リトルジャパニーズinサンディエゴ」のまあのさまから「グーグルで『藤真 イラスト』と検索すると冬真の描いた藤真のイラストが出る」と情報をいただきましたが、検索された方に申し訳ない気持ちになります。
全くためにならないブログですみません。

では、非常にわかりやすいオチで申し訳ないのですが、良かったら最後までお付き合いください。
最初から読まれる方はコチラからどうぞ。





相部屋の正しい使い方~最終話~

乱れた布団の上でたじろぐ牧、紅潮した頬に涙目の藤真、放心して固まっている清田。
何があったんだ。
口を揃えて叫んだものの、展開の読めない空気を吸い込んだ途端、誰に何を聞けば良いかわからず、一同に無言になった。

「何がどうなっているんですか、牧さん」
最初に切り込んだのは神だった。
興味のない風に一番後ろで傍観していた神だったが、いつの間にか集まっていたメンバーの間をするりと抜け、ドアの脇にいた清田の前に来た。
ポーカーフェイスで努力家な神はたいていのことには動じず、ここぞというときこそ肝が据わっている。
バスケットマンの中では華奢な部類に入る神だが、今回ばかりはその背中がでかく見えた。

落ち着きを戻した牧は立ち上がり、神たちを見渡した。
「俺も何から話していいのかわからん」
場の空気を読まず、牧は恐ろしく堂々とした態度で答えた。
説明しなければいけないような雰囲気でよくそのような答えをきっぱり言えたものである。
しかし牧には、藤真を助けて下敷きになっただけで、なんでこんな大騒ぎになったのかを逆に知りたいという思いしかなかった。
牧は藤真の方をちらりと見た。
藤真は視線を何もない方向に落としていたが、清田の方を向き、「いきなりコイツが入ってきて、それで驚いて叫んだんだ」と告げた。
「そ、そうなん…だ?」
集まったメンバーはその答えに納得できてなかった。
それだけで美形の少年に似つかわしくない絶叫をあげたのか?
何故清田が固まっているのか?
まだ他に理由があるはずだ。
それを説明しないとあらば、余計に気になった。
だが、藤真の逆鱗に触れたくなくて、みんなは言葉を模索していた。

「そうだったんですか。それだけで騒ぎ立ててすみませんでした。みなさん夕食でも食べて落ち着きましょう」
藤真の不審な態度と救いを求める視線で、神は本当の原因が藤真にあるとわかった。
さすがの神も何があったかまで悟れるほど万能ではないが、あの藤真がみんなの前で理由を話せない事情がある限り、一刻も早くこの場を去った方がいいと判断した。
次期キャプテンを担う者として相応しい応対だと神自身思った。
「ほら、信長も行くよ」
硬直した清田を食堂へ促そうと肩を叩いた瞬間、清田は思い出したかのようにびくっと動きだし、神の手を両手で掴んだ。
「信長?」
清田が突拍子もない行動に出たので、表情には出さないものの神は丸い瞳を今より少し丸くしてパチパチと瞬きした。
清田は口をパクパクさせながら必死に発音しようとした。
「ふ、藤真さんが」
「ちょっとノブ…」
神は嫌な予感がし、次の一言を遮ろうとするも、清田の声に掻き消された。
「藤真さんが、牧さんの上に馬乗りになってました!」

それを聞いた周りの者は驚きのあまり足を止め絶句した。
清田を見て、そして間髪入れず牧と藤真を見た。

もちろん驚いたのは当事者の二人、特に藤真だった。
今まで清田が一言も喋らなかったので安心しきっていたが、第一発見者は清田だったし、絶叫の原因は清田にもあった。
状況を誤魔化すことでいっぱいいっぱいだったが、先に清田の口を塞ぐべきだったと藤真は後悔した。
しかしすかさず、弁解した。
「何言ってやがる清田!ただ俺のズボンの裾を踏まれてこけそうになったのを牧が助けただけだ!」
とんだ発言に後押しされ、否応なしに藤真は事実を告げざるをえなかった。
藤真はこのことを話すことは容易かったが、牧との仲を疑われるのが嫌だったため、話を切り出したくなかった。
牧に対して恋愛感情を持ってないにしろ同性愛者でないにしろ、同性愛に偏見を持つ思慮の浅い連中にやいやい言われるのは嫌だった。
それは藤真や牧だけじゃなく、憧憬する甲斐田や南波たちも馬鹿にされる感覚にもなるから余計にだ。
確かに藤真もその二人の関係を知ったときは衝撃的だったため、思い出すだけで未だ胃がもたれる気がするが、嘲笑の対象になるのだけは堪えられない。
しかし清田の発言は痛い。
(あとで口裏を合わせりゃあ良かったものを)
「なあ牧」
言われたものは仕方ないし、これで牧が頷けば一旦この話に区切りがつく。
変な勘繰りをされたとしてもあとからそいつをシメればいい。
藤真はそう思った。
「そうだ、それでたまたま押し倒されただけだ」
「牧てめぇ!紛らわしい言い方するな!」
せっかく丸くなりかけているのを牧は気づかない。
それどころか壊しているのも気づかない。
今度こそ藤真は心底牧の天然を憎んだ。
(あとでコイツもシメる!)
「はっはっは、押し倒すだなんて藤真さんも大胆ですね」
「仙道!」
仙道はどこ吹く風な態度で朗らかに笑っていた。
「ま、いいじゃないっスか。照れ隠ししなくても」
「照れ隠しじゃねぇ」
藤真は飄々とする仙道をキッと睨んだ。
仙道はそのときの気分によって、自分が楽しければそれでいいと考える気まぐれな奴だと藤真は内心毒気づいた。
「無責任に楽しむなよ、仙道」
神は藤真に太刀打ちできないこと知っていたので、マイペースに楽しんでいるを仙道を宥めた。
「藤真さんが言った以上のことは何もないんだから」
神は仙道から牧と藤真に視線を配り、でしょ?と目で聞いた。
「神の言う通りだ」
二人は声を揃えて力強く発した。
「変な考え持ってたら、容赦なく、シメる」
藤真は一段と低い声で恐ろしい声を発した。
みな、藤真の形相と発言に身震いした。
(藤真ならやりかねない…)

これでうまくまとまったと、牧と藤真と神はようやく胸を撫で下ろした。
「さ、早く行きましょう」
まだざわざわとした余韻を残ししながらも、お腹を空かしていたため、集まっていたメンバーは踵を返して早足で食堂へ向かった。
そんな中、仙道は清田に近づいた。
「とんだ災難だったね、ノブナガくん」
藤真に見つかればまたどやされるほどの満面の笑みで声をかけた。

仙道はこれでも三年が引退している今、陵南の主将であり、これからの部を任されている。
開催を待たれる秋の国体ではなく、冬の選抜を視野に入れ、まだ引退していないライバル校の牧と藤真のことを注目していた。
特に牧は夏のIH予選でマッチアップもした上、惜敗したから尚のことだ。
今日の練習では弱点や癖などを探してみたが、一僂の隙間も見せないプレイに感嘆するしかなかった。
そんな二人があの有り様…。
仙道がこの事件に興味を持つのも簡単だった。
何かこの話の裏側でもあれば面白いと興味本位で清田に話しかけたのだ。

清田は藤真に怒鳴られてしょげていたが、励ますために声をかけられたわけではないとも知らず、仙道の言葉に顔を綻ばせた。
しかし「災難」という言葉に反応し、もう勘弁と言わんばかりの顔で答えた。
「本当っスよ。牧さんが藤真さんから好きだって告白されたみたいなことを言ってたのを聞いて、びっくりしてドアを開けたららあんなことに」
大きくてよく通る声が廊下中に響き渡った。
3分の1ほどの人数は既に食堂へ向かっていたが、その場にいた残りのメンバーはまたしても一斉に牧と藤真を見た。
この短い間に何回牧たちを凝視したことか。
仙道は思ったより衝撃的な発言にたじろいだ。
「え、マジ?」
「マジっス。『だから好きだと告白する前にあんなこと聞いたのか』って言ってましたから」
清田は最後の最後に大きくて弁解しづらい誤解をみなに植え付けた。

「清田てめぇー!!」
修羅のような形相で怒り心頭に発した藤真を止めれる者はいなかった。
夏の暑さを忘れるようなひんやりと心地よい秋の夜空が、一様にブラックな空気に変化した。


終わりました。
なんとか終わらせました。
牧、藤真、清田ファンのみなさま、すみませんでした!
書いていてこの三人はなんて不憫なんだと幾度も涙を流しました。嘘です。
番外編も書けたらなぁと思ってますが、きっともっと不憫な結果になると思います。

終わり方を試行錯誤しながら書いたのですが、やっぱりオチって難しいですね。
ギャグ小説は最後のオチが重要なので余計に難しかったです。
必死に考えて、最初に構成してたのと微妙に変わってしまったり、書いてると矛盾に気づいたりと、慣れない作業に悪戦苦闘しました。
文章で伝えるというのは大変です。
じゃあなぜ小説を書いたかというと、漫画にできるほどの体力と牧を描く画力がないからです。

最後までグダグダな小説でしたが、ここまで読んでくださってありがとうございます!!
ずっと読まれた方、その忍耐力を私にください。
スポンサーサイト
スラムダンク | 【2010-03-31(Wed) 23:36:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
金曜日に更新してなければ飲み会があったんだと思ってください。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の空回り記事
ブログ内検索
例えば「はわわわ」で検索すると、大量の記事が出てきます。
素敵サイト様
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者の数
Thanks☆10000Hit☆
ブロともになってあげる
常にウェルカムです。 ぽちっと押していただくと喜びます↓

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。