注意事項
管理人の判断により、不適切と思われるコメントは削除する場合がございますのでご了承ください。(2009/5/2)
 
スラムダンクファン向けのコミュニティ「SLAM DUNK」を運営しておりますので、スラダンファンは要チェックや!
加南冬真’sプロフィール
注:長いです。(2012.5.5更新)

加南冬真

Author:加南冬真
「カナントウマ」と読みます。
カロナンではありません。
SLAM DUNKの藤真が好きすぎてHNを「藤真」に変えて「トウマ」と読ませようとしましたがやめました。

年齢・性別:20代女性
実年齢を言うと老けちゃうらしいので秘密
小学生が書いたような文章ですがこれでも社会人

血液型:B型
赤ちゃんの頃と血液型が変わる場合があると聞き、もしや私もと淡い期待を抱いたが、健康診断でB型で間違いないと判断されました。
やっぱりね。

星座:センチメンタリズムを感じられずにはいられないわけではない双子座

好きな漫画:SLAM DUNK、ジョジョの奇妙な冒険、今日から俺は!!、テニスの王子様、聖☆おにいさん、南国少年パプワくん(PAPUWA)、鋼の錬金術師、おおきく振りかぶって、など
おすすめの漫画があれば教えてください☆

管理人の特徴:若干空回っている、昼寝をすると高確率で金縛りに遭う、拍手やコメしていただけるとパソコンの前で小躍りする
らしいです。

お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
相部屋の正しい使い方④
最初に書いてましたが、これって牧藤じゃなくて牧と藤真のドタバタギャグ小説ですね。
牧藤に見せかけた牧+藤真です。
普段は「牧と藤真とギャグとエロ」ばかり考えてるのですが、この小説ではちょっとエロは控えています。
というよりブログにもエロは出してないです…よね?
高校生時代に「冬真ちゃんが口を開けば下ネタばっかり」と言われてましたが、ブログではそんなの陰りもないですよね?

ではエロを期待していた方には申し訳ないですが、小説の続きをどうぞ。
初めての方はコチラからどうぞ。




相部屋の正しい使い方④

「ドキッとした?」
藤真は畳に手をついて体を起こし、牧の顔を覗き込むように見上げた。
ぱっちりと見開いた目に母親譲りと言っていた自慢の下まつげがくっきりと生え揃っているのが間近で見てとれる。
口角が綺麗に上がっているせいか、本気で笑っていないように見える。
その間、藤真は眉間に皺を作らなければまだ若く見られるだろうにと思っていたことは牧には内緒である。
牧から聞いたところによると、桜木には「じい」扱いされ、清田には「これでもれっきとした17歳」と言われ、挙げ句桜木の取り巻きには「監督」と呼ばれたらしい。
そんなこんなでダメージを受けた老け顔の牧を慰めるのに費やした藤真の労力は半端ない。
選抜に向けて駆け出した翔陽をどこまで邪魔すれば気が済むんだと思ったが、藤真の放っておけない性格が災いし、巻き添えを食らった。
「髪型を変える」というイメチェンをするのに最も有効的だと思われる方法を提案したが、どんな髪型がいいかまで考えさせられた。
話の腰を折りたくないし、もうあのときのような展開はごめんだ。

藤真は極力老け顔を意識しないように牧を見つめ、返事を待った。
疑問という名の結論を先に言っているのだから、「答え」はわかるだろう。
さあ、牧!俺の持論が伝わったのなら早く答えろ。

「わけがわからん」
牧はどストレートに、しかし藤真の思う答えとはかけ離れた意見を述べた。
直後に藤真から笑みが消えた。
代わりに眉間に皺ができた。

牧は頭で整理していた。
確かに意中の相手から「好きです」と告白されたらドキッとするかもしれないが、藤真に言われても、いや、雰囲気が雰囲気ならそうなるかもしれない。
しかし今は藤真の噛み合わない会話によって混乱の渦の中にいる。
這い上がっても這い上がっても混沌の中へ突き落とされる。
藤真の意図する思考に辿り着くには到底及ばない。
そしてドキッとさせてなんの意味がある。
まず説明がほしい。
さあ藤真、早くこのモヤモヤを解いてくれ。
牧はすがるように藤真を見た。

「俺が最初に言ったことと覚えてないのかよ!」
藤真は的外れな返事を聞かされ、かなり苛立った。
混乱している牧にはちっとも優しくない言葉だった。
「俺の意図ぐらい察しろよ!ったく何年の付き合いだ」
先ほどの行動にプラスして唇を尖らせ、むっとした。
「二年と半年か?」
またしても牧の何ともすっとんきょうな回答に藤真は完全に青筋を立てた。
「んなことを聞いてないんだよ!どこまで天然なんだ、牧!最初に話始めたきっかけを思い出せ!!」
「最初?」
牧はさっきからどんどん重くなる頭をフル稼働させた。
何の話をしてこうなったのか、記憶の時をキュルキュルと巻き戻した。

<続きます。>
スポンサーサイト
スラムダンク | 【2010-03-15(Mon) 23:50:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
金曜日に更新してなければ飲み会があったんだと思ってください。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の空回り記事
ブログ内検索
例えば「はわわわ」で検索すると、大量の記事が出てきます。
素敵サイト様
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者の数
Thanks☆10000Hit☆
ブロともになってあげる
常にウェルカムです。 ぽちっと押していただくと喜びます↓

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。