注意事項
管理人の判断により、不適切と思われるコメントは削除する場合がございますのでご了承ください。(2009/5/2)
 
スラムダンクファン向けのコミュニティ「SLAM DUNK」を運営しておりますので、スラダンファンは要チェックや!
加南冬真’sプロフィール
注:長いです。(2012.5.5更新)

加南冬真

Author:加南冬真
「カナントウマ」と読みます。
カロナンではありません。
SLAM DUNKの藤真が好きすぎてHNを「藤真」に変えて「トウマ」と読ませようとしましたがやめました。

年齢・性別:20代女性
実年齢を言うと老けちゃうらしいので秘密
小学生が書いたような文章ですがこれでも社会人

血液型:B型
赤ちゃんの頃と血液型が変わる場合があると聞き、もしや私もと淡い期待を抱いたが、健康診断でB型で間違いないと判断されました。
やっぱりね。

星座:センチメンタリズムを感じられずにはいられないわけではない双子座

好きな漫画:SLAM DUNK、ジョジョの奇妙な冒険、今日から俺は!!、テニスの王子様、聖☆おにいさん、南国少年パプワくん(PAPUWA)、鋼の錬金術師、おおきく振りかぶって、など
おすすめの漫画があれば教えてください☆

管理人の特徴:若干空回っている、昼寝をすると高確率で金縛りに遭う、拍手やコメしていただけるとパソコンの前で小躍りする
らしいです。

お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
小説を書いてみました(続きます。)
スラダン妄想小説を書いている途中のものをアプしてます。
暖かいうちに」の内容にかなり濃い色付けをしています。
一応、牧と神と藤真と仙道が出てきまして、同人要素を除いているはずなのですが、なんてったって荒削りなので同人要素が混じっている恐れありです。
わからない人や見たくないという人は回れ右をしてくださいね!

※牧、藤真…二年、神、仙道…一年の設定です。





見えないライバル①

牧が高二の夏、王者・海南はインターハイ予選を順調に勝ち抜き、無事決勝リーグへと駒を進めた。
海南は午前中の試合を100点ゲームで終わらせ、牧は午後から始まる試合を見に来ていた。
団体行動を重視する海南だが、午後からの試合は見に行きたいやつだけ見に行けばいいということになった。
というのも、統率する立場の高頭監督が体の不調を訴え、部長、副部長が付き添いに行ったため、自然解散となったのだ。
見舞いに行く者あり、練習に時間を割く者あり、牧のように次の試合を見に行く者ありと、単独行動がとられた。
監督のことも心配だが、あの人なら頑丈だし平気だろうと判断し、決勝リーグの相手を見定めるべく観客席へと足を進めた。

「次の試合、始まってますね。牧さん」
牧と一緒についてきたのは学年が一つ下の神だった。
神は決して人懐っこいやつではないが、牧を慕っていた。
口数も少なく、感情の起伏もそうはなく、ポーカーフェイスなため、牧は掴み所のないやつと思っていたが、実は寡黙な努力家というのを知り、かなり評価している。
「そうみたいだな。次の試合は陵南…か」
陵南は良い選手を東京からスカウトしたと聞いたが、一体どんな選手か。
という思考回路は一瞬にして消えた。

目の前に天使が舞い降りた。

正確に言うと、天使がごとく美しい少年が観客席後ろの手すりに頬杖をついて微笑んでいたのだ。
牧は彼を知っている。
どきりと音がした、気がした。
それを知ってか知らずか、神は
「牧さん、俺ポカリ飲んできますんで待っててください。すぐ戻ります」
と踵を返し、観客席の階段をかけおりた。
「お、おい神!」
牧は頑張ってくださいと言われた気がした。
何…?!
この悪魔!
と叫びたかったが、さすがに「神」に対し「悪魔」とは言えない。
ましてや「天使」がいる前で。

「どうした?藤真」
緊張してた体から発せられた第一声は少し震えた。
「お、牧」
その声に反応して振り向き、屈託のない笑顔を向けるのは、県内屈指のバスケの強豪校、翔陽のエース・藤真だ。

俺は藤真が苦手だ。
神はそれを承知している。

「何でですか?牧さん。きれいな人は苦手なんですか?」
先日の翔陽戦の試合を見に来たときに、そういう話になり、神にそう聞かれた。
「かもしれん。男ばかりの中であれは反則だ」
恋愛感情はないにしても、対戦相手の中で一番の美人、いや可憐な男だと思う。
本人に言うと怒られそうなので言わないが。
バスケットという競技は、嫌でも体と体がぶつかり、超至近距離でボールを奪ったりシュートをしたり攻防したりする。
点を競い合っている中、相手の顔云々をいちいち気にしては試合ができないので、普段は全く気にしない牧も、藤真が相手では話が変わってくる。
どうもやりづらい、苦手な相手だった。

自他ともにライバルだと認識している二人が横に並ぶ。
牧はライバルと意識してしまっているため、何となく気まずく、藤真に話しかけるのに時間がかかったのに対し、藤真は気さくに話しかけてきた。

「よくクールだと言われるんだよ」
本人が言ってた通り、牧もあまり笑わないクールなやつだと思っていた。
が、いざ試合をしてみるとクールのくの字もないほどの熱いプレイヤーが、そこにいた。
インターハイ予選の決勝リーグ、海南対翔陽の試合の日、牧と藤真は初めて直接対決を果たした。
インターハイ予選が始まるとともに怪物・牧と翔陽の歴史の中で初めて一年でスタメンを勝ち取った藤真に注目が集まった。
そのときは世間の声も気にせず、目の前の相手を倒すのみに集中していた。
試合本番、細い体を持ってして、果敢にカットに臨む藤真は牧と対等に張り合った。
一瞬の隙をつく攻撃、柔軟に対応するディフェンス、独特の間を持つシュート、うわさ以上に強い藤真に対し、牧はこれからのバスケ人生に付きまとう存在であると肌で感じた。
そこから牧はライバルという見えない壁を作った。
牧が海南で藤真が翔陽にいる限り、仲間にはなれないと。
が、試合後、藤真が牧に話しかけてきた。

「なあ、牧って本当は俺と同じ一年じゃないだろ?」
その一言で、藤真のイメージがクールでも熱いプレイヤーでもない気さくな少年のイメージに塗り替えられた。
(ライバル…だよな?)

「そりゃ牧も気になるよな、決勝リーグの対戦相手」
藤真のようにチームメイトと同じように接するのが正しいかどうかわからないが、藤真を意識するあまり普段の自分を見失っている。
ライバル歴1年にもかかわらず、これにはまだ慣れない。
「まあな」
平常心を持て、紳一。
「さっきから熱心に見てるが…」
あまり長くしゃべると言い淀んでしまいそうで短めに話す。
「ああ、陵南にいい選手がいると思ってさ」
「ほお、誰だ?」
「仙道って言うんだ。あの12番のツンツン頭」
藤真がニヤニヤしながら指をさし、牧は指の先を探す。
…までもなかった。
「目立つやつだ」
「だろ?見た目も目立つし点取り屋だし」
藤真の言い方は自分の持ち物を自慢しているかのように聞こえた。
気のせいだとは思うが、牧にはなぜかそう聞こえてしまう。
そんな矢先、「あいつとお前、似てるな」と言われたもんだから、牛乳を飲んでいたらどんだけ悲惨な現場に変わったか。
少しどころかかなり驚いた。
しかし表情には見せず、淡々とした態度で
「どこらへんだ」
と答えた。
「あ、驚いただろ。似てるって言われて」
「何?」
ズバリ指摘された牧は藤真と目が合い、すぐ視線を反らせた。
「怒るなよ」
「怒ってはないが、そりゃ驚く。で、どこが似ているんだ?」
きれいな顔を少ししかめ、腕を組んで首をかしげた。
さらさらとした髪が少し揺れた。
「うーん、底知れない強さ、かな?」

クールなのか情熱家なのか、人懐っこいのか策士なのか。
全てを含めて藤真なんだろうが、こいつの方が底が知れないと思った矢先、神が戻ってきた。
「牧さん、お待たせしました」
牧や藤真に駆け寄る神はどこか嬉しそうだ。
「お、おう神」
藤真と二人にさせた神を恨みそうになったが、会話に困っていた今は助けに船と思った。
「やあ」
「藤真さん、お疲れさまです」
神が間に入り、三人が並んでようやく落ち着いて観戦するこどができた。

<続きます。>
スポンサーサイト
スラムダンク | 【2010-02-13(Sat) 18:46:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
金曜日に更新してなければ飲み会があったんだと思ってください。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の空回り記事
ブログ内検索
例えば「はわわわ」で検索すると、大量の記事が出てきます。
素敵サイト様
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者の数
Thanks☆10000Hit☆
ブロともになってあげる
常にウェルカムです。 ぽちっと押していただくと喜びます↓

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。